ドクターx遠藤憲一降板理由は?

2012年に第1シリーズがスタートした米倉陽子主演、テレビ朝日系の人気医療ドラマ、「ドクターX」において、愛される敵キャラクターとして独特の存在感を放つ海老名敬役を演じてきた遠藤憲一さんが、ドクターx第4シリーズでまさかの降板か? とネット上で話題になっていました。この記事では遠藤憲一さんが降板になった理由、またドクターxでの遠藤憲一さんの役柄などについて詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


ドクターx遠藤憲一降板Twitter持ち切り?

Twitterでは、遠藤憲一さんがドクターX第4シリーズ に出ないの?と話題に。降板なのかとも言われていました。

ドクターx遠藤憲一ってどんな人?

遠藤憲一さんは、1961年生まれの56歳。東京都品川区の出身でアクターズカンパニーなどを経て現在はエンズタワーに所属しています。

身長182cm、体重70kg。愛称は「エンケン(さん)」。大柄で眼光鋭く、いかつい風貌から、悪役を演じることも多い遠藤さん。2001年公開の映画『Distance』では第16回高崎国際映画祭助演男優賞を受賞しています。

22歳でドラマデビューした後、刑事ドラマ・サスペンス作品・時代劇などに下積み的に出演を続け、ビデオシネマ時代が到来すると、極道もので数多くの悪役を演じました。

また、カルト的な内容の作品ではエキセントリックな演技も見せて注目を集めました。

他方、深夜ドラマや特撮作品への出演も多く、「バトルフィーバーJ」、「特捜エクシードラフト」、「特捜ロボ ジャンパーソン」、「忍者戦隊カクレンジャー」、「ライオン丸G」などにも出演しています。

その後、フジテレビ系列のドラマ「白い春」での演技が高く評価され不動の地位を確立、“強面なのに小心”という、ちょっとコミカルで人間味溢れる役柄を演じる機会も増えてきています。

またNHKの朝ドラ「てっぱん」への出演で国民的な知名度も得ていますし、現在の朝ドラ「わろてんか」でもヒロインのてんの父親役として登場してます。

怖いのになぜか面白いそんな役が多い気がします。

俳優活動の他には、CMや映画の予告編のナレーションなどに起用されたこともあり、 映画「マトリックス」では、日本国内プロモーションにおけるナレーターとして起用されました。
日本テレビ系のドラマ「刑事貴族2」では脚本家として4本の作品を手掛けています。

最近では厚生労働省の最低賃金ポスターでも登場!なぜかクスっと笑ってしまうこの雰囲気です。

スポンサーリンク


ドクターx遠藤憲一演じる海老名の役柄は?

遠藤憲一さん演じる「東帝大学病院」の外科副部長・海老名敬は、第2シリーズからレギュラーに。第2シリーズ(2013年10月クール)、第3シリーズ(2014年10月クール)、スペシャル(2016年7月3日放送)に登場。

上に弱くて下に強く、直属の上司である蛭間重勝(西田敏行)に対しては、ひたすら「御意」と言い続け、ときには蛭間の秘密が書かれた手帳をムシャムシャ食べる(ドクターx第2シリーズ4話)など徹底した忠誠心を表しています。

こうした言動はひとえに出世欲から来ており、そのキャラクターは典型的なセコイ中間管理職で、ともすれば視聴者から嫌われかねない役柄ですが、蛭間との掛け合いの中で見せるサラリーマンドクターとしての悲哀あふれる姿や、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない姿勢は多くの視聴者の共感を呼び、もはやドクターXになくてはならいキャラクターとなっています。

この辺りが視聴者から“憎めない存在”として認知されている所以かもしれません。

しかしながら主人公の大門未知子とは頻繁に対立し、徐々に大門の腕や率直さに感化されてはいるものの、たいていは権力の前に屈してしまいます。

この海老名のキャラクターは蛭間を演じる西田さんのアドリブについていった結果出来上がったもので、脚本もだんだん、そういうふうに書かれるようになっていったとのことです。

遠藤さん自身もこの海老名敬というキャラクターには相当愛着を持っており、“宝物のキャラクター”であるとしています。

そして、このドラマ出演の後、強面なのに情けない役がドラマやCMでも増えるようになったのは、間違いなく海老名が始まりだったと語っています。

ドクターx遠藤憲一降板理由は?

前述のように海老名敬を演じる遠藤さんはドクターXの第2シリーズ、第3シリーズ、そして 2016のスペシャルドラマに登場し人気を博しましたが、第4シリーズ放送前に発表されたキャストにその名前はなく、故に第1話、第2話の放送でも当然ながら登場しませんでした。

これに対し、人気キャラクター海老名の不在を嘆くファンも多く、ネット上でもかなりの話題になったわけです。

ところが遠藤さんは、ドクターXと同じ日にスタートしたフジテレビ系のドラマ「Chef~三ツ星の給食」出演されていました。

人気ドラマの続編を降板してまで別のドラマに? と思った方も多かったと思いますが、これは単に「Chef~三ツ星の給食」への出演の方が先に決まっていたからだと言われています。

この時期遠藤さんは、この他にもNHKの大河ドラマ「真田丸」や映画「うさぎ追いし~山極三郎物語」(主演)、「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラと大冒険だニャン!」「土竜の唄~香港狂想曲~」などへの出演が続き多忙を極めていたようです。

ドクターx遠藤憲一降板してなかった?

遠藤さん演じる海老名敬の不在を残念に思い、“海老名ロス”に陥った方も多かったと思いますが、なんと第4シリーズの第5話(2016年11月10日放送)と第6話(同年1月17日放送)にゲスト出演されました!

内容は、国立高度医療センターの金沢分院に飛ばされた海老名が、あまりのワンマンぶりから医局の反感を買い孤立する蛭間を救うために、東帝大学病院を訪れるというものでした。
この時海老名(遠藤憲一)の東京金沢間のチケットをまさかの蛭間が今度は食べてしまうというシーン笑

蛭間「あ~びっくりした。飲んじゃった」
海老名「飲んじゃった?」
蛭間「うん。君しかいないんだよぉ」
海老名「親方様

久しぶりの海老名と蛭間の絡みに狂喜した方も多かったことでしょう。もう時代劇です・・・・

蛭間と海老名の絡みは毎回面白いですね。

⇒ドクターx動画第4シリーズ5話無料視聴は?
⇒ドクターx動画第4シリーズ6話無料視聴は?

ドクターx遠藤憲一降板理由まとめ

一部では役柄の都合上で海老名がいなくなった、などともささやかれていた遠藤さんの降板劇でしたが、実際のところはやはりご本人の多忙さによるスケジュール調整の難しさが真相だったようです。
10月12日スタートの第5シリーズのホームページには無事に名前が載っています。前述のように遠藤さんは海老名というキャラクターに強い思い入れを持っており、演じることにも大きな喜びを感じておられることでしょう。
第5シリーズでは、これまでのメンバーに加え、新たに草刈正雄さん、陣内孝則さん、大地真央さんなどが登場。遠藤さんとともにますます作品を盛り上げてくれることと思います。海老名の蛭間との絡み、大門との激突シーンにもますます磨きがかかることでしょう。

新シリーズの放映が本当に楽しみですね。

以上、ドクターx遠藤憲一降板理由は?についてのレポートでした。

⇒ドクターx名前の秘密知ってた?
⇒ドクターx大門未知子の過去は?
⇒ドクターx正体ネタバレは?
⇒ドクターx脚本家変更でネット騒然?重要人物が不在!


スポンサーリンク